スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

女川へ

2014年8月23日-24日
昨年来 10ヶ月ぶりの女川の様子をお伝えします。

立ち寄った町立女川病院。
町立女川病院
ここは高台の病院ではあっても、津波の被害をこうむった と以前から聞いていました。

病院の敷地内にできた喫茶店「おちゃっこクラブ」
通院の帰りやサークルの集まりにご使用くださいというコンセプトだそうです。
病院のおちゃっこクラブ おちゃっこクラブの室内
マスターがあの日の状景を語ってくださいました。
高台の病院から遠く眼下に見下ろす海を前にうかがう話は 臨場感溢れ
まさに自然の威力、水の脅威をひしひしと伝えてくださいました。

現在の漁港 広い海岸ではない
 狭く入り組んだ湾岸に押し寄せた
 津波は、入道雲が湧いたように
 もくもく 盛り上がり
 あちこちでうねり渦を巻き
 それがまたぶつかり
 海とは逆の山側
 つまり 病院の裏から1階部分を
 襲ってきた といいます。



 町の要所には
 中学生が考えた命を守る石碑が建てられて
 います。

 
 『夢だけは 壊せなかった大震災』 
   中学生の俳句がそえられています。
命を守る石碑


交流会のバーベキュー
 横浦浜では交流会が。

 私たちを歓迎してバーベキューを
 用意してくださいました。
 
 ホタテ ホヤ アワビなど
 どれも新鮮でここでしか味わえない
 美味しさです。

漁師の皆さんは海で働くことが望みなのに
漁師の仕事と、住む場所 どちらも理想通りに叶えるのは難しい現状があるそうです。

山を切り崩して作らなければならない住居の代替地を考えると、気の遠くなる時間です。
では女川に住んで横浦浜に通うのは?
その浜を離れると、漁業権を失うそうです。



21:55 | その他 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。